スポーツとか

スポーツとか、TV観戦して思ったこと書きます。 サッカーが多くなると思うけど、いろんなスポーツを適当に語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
先週ゴールを決めて、今回もアシストできたようだけど、随分と調子が上がってきたご様子。
チームで活躍できるようになってよかったね。
このブログでは中田英に対して批判的なように思われる記事があるけれど、決して批判的ではないんですよ。
中田英は日本の選手の中で、いいプレーヤーだと認めております。日本代表レベルの選手のひとりです。
ただ、世間で言う「王様」ではないと思います。そこまで際立った実力の持ち主でないことは、この数年間のチーム内での実績でわかっていることだと思います。
なのにメディアの取り上げ方が気に入らないので、あの手の記事になるのでしょう。
とにかく、中田が活躍してくれてうれしいです。
スポンサーサイト
ウクライナはなかなかいいチームだったな。
松木の言うとおり、攻守の切り替えはとても早いし、フィールドプレーヤーはコンパクトなサッカーをやっていた。
ボールへの寄せもとても早い。
日本も見習うようなサッカーをしていたよ。

中田浩のレッドはしょうがない。
今日のレフェリーは明らかにウクライナよりのレフェリングだったけど、中田のはとられても仕方のないレベル。
それよりも10人であそこまで組織的に守備が出来たことは評価に値すると思う。もちろんウクライナのシュートミスにも助けられていましたが。

今回ダメだった選手は稲本。役に立ってなかったね。試合勘がないのだろう。あれでは使う必要がない。
それと柳沢。シュートを打たないFWはいらない。前半のシュートチャンスにパス出しているようなFWはすぐに交代させるべきだ。
ちょっと前の女々しい柳沢に戻っていたね。
心が弱いんだな。
それと駒野。後半になってやれば出来るようなところもチラッとみせたけど、それなら最初からやれ、だな。
あいつも心が弱いんだよ。
もう一人、茂庭もだめだ。心というよりは技術かな。
もう一段レベルアップをしないと代表レベルでは使えないだろう。

最後のPKはもうしょうがない。レフェリーのせいだ。しいて、しいて言うならば、ウクライナよりというのは既にわかっていたことなんだから、ペナルティエリアで微妙なプレーはやめようと思うことだろう。
でも初代表の箕輪にはつらいところだな。
よく守っていたよ。
最後の2点目のバックパスひどいな。だれ、あのパス?
パスを出す時点でフリーだったのに、なんでわざわざあんな危ないパスを出す必要があるんだ?
あれ1本で今日の試合は全て台無し。

今日のラトビア戦で思ったのは松井の成長ですね。あいつ随分上達したなぁ。あれなら俊輔のサブでベンチに入っても悪くないかもしれない。
もちろん今日のように両立させることも可能だしね。前方に曲者二人というのも相手にとってはイヤでしょう。
ちょっと前までの松井と言えば、やたらとボールをこねくり回しているイメージだったんだけど、「技術で魅せる」部分と「簡単にさばく」部分のバランスもよく、ゲームの流れの中でうまくボールをコントロールしていたと思う。
また、ボールの持ってないところの動きも悪くない。ボディバランスも良くなった。成長したな、あいつ。

対して中田英は相変わらずパスミスなどが多いし、創造性もなかった。以前から言っているが、悪い選手とは思わないが、「絶対に必要」な選手でもない。ゲームの場面では必要になる選手だろう。経験もあるしね。でも、今日は必要なかったろう。

日本サッカーの特徴として「細かいパス回し」がよく言われるが、オレとしてはそれよりも「粘り強いスタミナ」だと思っている。後半になって疲れてきても献身的に走り続ける姿こそ日本サッカーの特徴だと思います。
だけど、今日の試合に限ってはそうでもなかったね。
日本は後半すっかり足が止まっていました。
もう少し中盤でパスをもらいに走らなければいけなかったね。
ボールをキープしても孤立してしまう部分がよく目立ちました。

最後に、今日のカメラはテレビ朝日がやったのかな?地元TVっぽくなかったけど・・・。
ずばり、へたくそすぎ!
日陰になった逆サイドがぜんぜん見えないよ。
逆サイドにいったらちょっとクローズアップにしなかったら、あっちでなにやってんだかさっぱりわからないよ。
もう少し考えて映してほしいね。
いつもながらテレビ朝日はスポーツ中継へたくそだよ。
実況もウザイし。でも今日はセルジオじゃなかったから、まだよかったね。「気合」と「気持ち」と「集中」の松木安太郎だったね^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。