スポーツとか

スポーツとか、TV観戦して思ったこと書きます。 サッカーが多くなると思うけど、いろんなスポーツを適当に語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
最後のロスタイムで2-2の同点。
同点で終えたということだけは評価できる試合でした。
ですが、内容は完敗。
だよだよ~。今日のスタメンを本番で使用してほしくはないですね。
最後に点を決めちゃったから、中田英の点数をあまり下げることは出来なくなっちゃったけど、中田英はいないほうがいいでしょう。
今の彼に日本代表でのポジションはないと思います。
同じく小笠原もないでしょう。
三都主も往年のスピードがなく、もはやタダの人。守備もヘタですし村井を使ったほうがいいと思います。
今日は日本の左サイドから完全に崩されていました。
当然、今日の試合はスカウティングされているはずですから、オーストラリア、クロアチア、ブラジルともに日本の左サイドからの攻略を考えてくるでしょう。
この修正は必須です!
あと川口も何とかしてほしいですね。個人的には土肥がいいと思っています。今日の2点目の失点は川口のミスだと思います。
普通のキーパーならしっかりキャッチしているでしょう。
彼はラッキーパーソンだけど、上手で安定的なキーパーではないと思っています。

じゃ、勝手に採点にいってみましょう。


川口・・・・・4.5
宮本・・・・・5.5
中沢・・・・・5.5
三都主・・・・4・5
加地・・・・・5.5
福西・・・・・6.0
中田英・・・・6.0
中村・・・・・6.0
小笠原・・・・5.0
久保・・・・・6.0
高原・・・・・6.5
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
小野・・・・・ -
稲本・・・・・ -
柳沢・・・・・5.5
大黒・・・・・ -

注 サッカーは点を取るスポーツと思っていますので、点を取った選手の点数はいつも高めに設定しています。

スポンサーサイト
勝手にコメントします。
今回はFWについて。

メンバーを固定しながら戦うスタイルのジーコも、4年という年月の間には多くのFWを起用してきた。
今も残る代表候補としては、高原、柳沢、久保、鈴木、巻、玉田、佐藤、大黒といったところか。
本番のドイツでFWのメンバー枠は4人だろう。ここ中から4人を選ぶわけだ。

『決定力不足』という言葉が囁かれるとおり、世界のトップクラスに比べて日本には絶対的なストライカーがいない。
ならばFWは実績とか云々よりも、その時の調子と相手との相性によって選ばれるべきだと思う。
大会直前に調子のよい選手を選ぶべきだ。このポイントについては、現時点で結論はでない。
しかし、2番目に述べた相手との相性については現時点でも論議することはできる。
日本の相手はすでに、ブラジル、クロアチア、オーストラリアと決まっているのだから。

昨日のフィンランド戦でもはっきりとわかったが、大型選手が揃う相手には、こちらも対抗できる人間が一人もいないと話にならない。裏をつくにも限度がある。裏ばかりつこうとしていると、それが裏にならないからだ。
裏ー表ー裏と攻撃するから、バリエーションが生まれチャンスをつくることになる。

大型ならが存在感がある。ジェフで鍛えられたスタミナも魅力だ。しかしながら世界での経験は完全に不足。
大型なら、あとは久保ということになるのか。
オレは個人的に久保は信頼していない。メディアが言うほどの決定力のあるストライカーに思えないからだ。
でも、本番直前に調子がよければ使わざるを得ないのだろう。

大黒。今、日本では一番ゴールの匂いのする男だと思うが、海外へ行ったことでゴール感覚を狂わせないかが心配だ。
高原。以前、日本で一番ゴールの匂いのする男だった。とにかくゴール感を戻してくれれば、一番頼りになると思っている。
柳沢。久保と同じで全然信頼していない。女々しい匂いのするFW。
でも、イタリアへ行って少しだけハングリーがでてきた気もするが、最近のプレーを見ていないのでなんともいえない。
鈴木。泥臭く、献身的にチームに貢献してくれるFWだと思う。オレが監督だったら、すごく使いたくなる選手だが、とにかくシュートを枠に向けて打たないとFWとしての役割を果たせない。
大会までにクラブチームでゴールラッシュをできれば・・。

細かいパス回しばかりが日本サッカーの特徴としてクローズアップされていますが、私はもうひとつ持続的なスピードがあると思っています。
90分間、とにかく足を止めずに走ることは日本の本当の長所。
(逆に瞬発的なスピードには欠ける。)
後半にチャンスが生まれやすいのは、そこが影響しているからだ。
諸外国、特に大型チームは後半に入ると足が止まり易い。
そこへ玉田佐藤のようなスピード型のFWが入れば、得点チャンスは大いに生まれるというもの。
スピード型のFWも戦力として欠かせないと思います。

今選ぶなら・・・。
巻○  (高さとスタミナ)
鈴木○ (ポストプレー、強さ、世界の経験)
玉田○ (スピード、ドリブル) 
大黒○ (スピード、ゴール前の抜け出し)

これは現時点での話で、今後の調子によってわかりません。
ただ、○高さのある選手、○スピードのある選手は必ず必要です。
それに○強さ、○世界経験などいろいろな特徴を持つ選手が必要になるでしょう。
日本代表、今回はまずまずの内容でした。
前半は、かなりヤキモキとした展開でしたが、ハーフタイムでジーコが話したといわれるように我慢の展開だったのでしょうか。
後半のリスタートからの得点は良かったです。
小笠原の2点目はラッキーなシュートでしたが、それなりの評価をしています。(ラッキーと言ったのは、1、キーパーが出ていた。2、精度が良かった。)
評価に値するのは、あの位置からでもチャンスと思って打った行為について。

この試合のキーパーソンは間違いなく小野だった。さすがです。
中田英がいないほうが、小野はのびのびとプレイしているような気がする。そういった意味では中田英はいらないのではないか?
そして、今日一番目を引いたのが、なんと加地でした。
久しぶりに代表で試合をした加地でしたが、急に上手くなってる!
パスを受ける出だし、進行方向、トラップ、全て上手いと感じた。
ディフェンスもしっかりと戻っている。
ジーコが今まで我慢して使い続けてきた成果がここにきて急に開花したんでしょうか。
とにかく今の加地なら、日本代表の戦力に十分なります。

実況解説は久保の復活にフォーカスを当てていましたが、今日はみんなが良かったと思いますよ。

では勝手に採点↓


川口・・・・・6.0
坪井・・・・・6・0
宮本・・・・・6.0
中沢・・・・・6.0
小野・・・・・7.0
福西・・・・・6.0
加地・・・・・7.0
村井・・・・・6.5
小笠原・・・・7.0
巻・・・・・・6.5
久保・・・・・7.0
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
佐藤・・・・・6.0
三都主・・・・ -
駒野・・・・・ -
本山・・・・・ -

ジーコ・・・・6.5
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

セルジオ越後・0.0 (相変わらず最低!)

上村愛子選手、オリンピック残念でした。
実力と容姿を兼ね備えたスター選手だけに残念でした。
でも5位入賞というのは、ほぼ実力どおりなのかな?
あのコークスクリュー720は多くの人がいうようにすごいものだと思います。「あのエアが決まってなんでメダルが取れないの?」と思った人も多いのでしょう。
そう、あのエアは絶対に世界トップレベル。
でも、なにしろスピードが足りなかったね。28秒中盤のタイムでは、メダルを取った人に比べて1秒以上、2秒ぐらいの差がでていた。
遅かったのよ。。。里谷のほうがだいぶ速い。上村にもう少しだけスピードがあったら文句なしの世界トップの実力なのでしょう。

上村が滑り終わった時点で第2位につけていた。しかしながら、トップのトローに比べてポイントが1.5以上差が開いていた。
上村の表情は明らかにがっかりしていたし、あのスコアが出たときにテレビの前のオレも「ああぁぁぁ。。」という気持ちになりました。なのに、NHKのアナウンサー、「上村、この時点で2位に躍り出たーーー!!!!!!」ってなに!?
バカ?
情報を正しく伝えてないよね?
「ああぁぁ、この時点で上村、現在2位になりました。ちょっとメダルが苦しくなってきたか!?」っていう実況が正しい実況だろ。
こういうウソの報道をしていたら北朝鮮とやっていることかわらないよな。上村ががんばったのと対照的にあのアナウンサーの他人事の実況にイヤ~な気持ちになりました。

でね、話がかわるけど、テレビで「各国の美女選手を紹介」というようなことをよくやっていたけど、ああいうこと、海外でもやってるのかしら?
もしやっていたら、日本の上村も紹介されたかなぁ?
モーグル見ていて、同じ日本人という贔屓目をなしにしても上村はかわいかったと思うのだけど・・・。
5位入賞は、ほぼ実力どおりの結果というのが感想だけど、贔屓目で見てメダルを取らしてあげたかったなぁ。。。
今日はヒンギスとシャラポアという新旧女王対決がありました。
今の女子テニス界では一番興味を惹くカードでした。でも観られなかった。
残念。
結果はヒンギスが勝ったみたいですね。全くの個人的な意見ですが、カムバックしてからのヒンギスは本当に楽しくテニスをしているように見える。そして、パワーテニスだけじゃなく、コースを打ち分け相手の裏をかいたり、クレバーなテニスが目立っているように思います。
いいテニスをしています。

さて、そんな好カードのず~っと脇の方の小さな大会で小さなプレーヤーもがんばっていました。そっちをちょっとだけ観戦。
初めて生で観たけどおもしろかった。
絶好のチャンスボールに力が入りすぎて「空振り~♪」みたいな珍プレーも続出!
オレは普通に見ていられたけど、これが自分の子どもとかのプレーだったら親はもっとヤキモキするんだろうなっと思いました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。