スポーツとか

スポーツとか、TV観戦して思ったこと書きます。 サッカーが多くなると思うけど、いろんなスポーツを適当に語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
20060401.jpg
ディープインパクトが見事に1番人気に応えて天皇賞を制覇しましたね。
すごいね、あの馬は。
スタート失敗して出遅れたのにも関らず、直線手前には先頭に立ってそのままゴールしちゃうんだから。。。
他の馬とは完全に次元の違う世界でレースをしていますね。
こんなだと、欧州へ行っても期待してしまいますよ。

今日の天皇賞だって、スタート出遅れたのにレコード勝ちですよ!
普通は考えられないでしょう。
京都の坂はゆっくり下るのが鉄則なのに、勢いよく坂を登って、「おいおい、そんなペースじゃ下りで膨らんじゃうよ~」って思っていたら、そのまま内に切れ込んで、だ~れも後ろから追ってこれないんだから。参りました。

今日のレース見てて、ずっと前のシャダイカグラの桜花賞を思い出しました。
場所も距離も違うレースなんだけど、やっぱり武豊が乗って、スタート出遅れたのに強い勝ち方したんですよね。
お、そういえば同じヘイルトゥリーズン系か。

しかしディープインパクト、いい馬ですね。
このまま世界の名馬になって欲しいです。
できれば引退したら欧州の種牡馬になってほしいですね。
血脈を世界に広げてほしいよ。
どうせ日本じゃサンデー産駒の牝馬ばっかりなんだから、血の墓場と言われる日本でわざわざ種つける必要はないよ。
ま、これは先の話だけど。

とにかく世界でがんばれ、ディープインパクト!!
スポンサーサイト
shun200.jpg
セルティックのリーグ優勝に貢献し、チーム経営陣も中村俊輔の評価を高めているようです。
記事によると、年俸倍増の引止め工作をするとかしないとか。

俊輔のスペイン移籍希望は周知の事実で、中村自身も移籍へのベスト時期を常に考えていることでしょう。
欧州の中堅リーグであるスコットランドプレミアに参加したのも、全てはスペイン移籍を視野に入れてのことでしょう。
でも、俊輔はたったの1年でスコットランドを離れるべきではないと思います。

セルティックの偉大な先輩であり、スウェーデン代表で現在スペインのバルセロナで活躍中のFWラーションはセルティックに何年いたんだ!?
5年以上はいたんじゃなかったっけ?
中村俊輔はたった1年。もう1年、しっかりと活躍してから移籍を考えたほうがいいんじゃないか?
年俸が倍増するのはうれしいことだけど、サッカーの世界じゃ移籍金が絡んでくるから、ここは倍増よりも少し安めで我慢しておくべき。
ローマ移籍後、実力の数倍も高値になってしまった中田英の二の舞は絶対に避けるべきでしょう。
ジャパンマネー、チームの貢献度を考えれば、1.6億ぐらいの価値は確かにあると思うけど、スペインで確固たる地位を築いてプレーする為には、もう少しセルティックで活躍したほうがいいと思います。

セルティックは、まだまだ俊輔を成長させてくれるチームだと思うよ。

揺れる俊輔、欧州CL残留かスペイン移籍か
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。