スポーツとか

スポーツとか、TV観戦して思ったこと書きます。 サッカーが多くなると思うけど、いろんなスポーツを適当に語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
朝青龍が引退表明。
やっと、という感じ。
オレは前からアンチ朝青龍。
大相撲は強ければいいってもんじゃないんだよ。

大昔、相撲でちょっとした論文を書いたことがあるオレとしては、相撲は「スポーツ」でなく、「文化」。
だから「しきたり」とか「様式」というものこそ重要なのだ。
「強さ」が最重要ではないのだ。

横綱には横綱のしきたりとか様式というものがある。
だから品格というものが、絶えず言われ続けてきていた。
朝青龍にはそれが全くない。
そもそも横綱になっちゃいけない人だったのだ。

相撲って、奉納相撲とか、祭礼相撲から始まってるんですよ。
先般、八百長が騒がれたけど、相撲は起源はそもそも八百長。
人が神様や悪霊と相撲をとって、その年の豊作を祈念する祭礼行事。

明治時代まではいろんな形の相撲があって、その中には女相撲もあった。
「女が土俵に上がっちゃいけない」というのは、今の「大相撲」の伝統であって、1千年以上続いている相撲という行事の伝統なわけではない。

今、相撲といえば「大相撲」。
あれは「祭礼」とか「奉納」というものではないだろうが、「スポーツ」でもないのだ。
わたしは「興行」だと思っている。
エンターテイメントなのだ。
歌舞伎やミュージカルの類と同じものだ。
「大相撲」を通して、日本の伝統文化に思いを馳せてみたり、対戦の勝ち負けに一喜一憂してみたり。
その「日本の伝統文化」を魅せる為に、厳しい格式やしきたりが必要なのだ。

横綱にはそれが課せられているはずなのだ。
ただ強ければ、いいわけではない。
強さの他に、そういった要素が必要なのだ。

朝青龍には最後まで「強さ」しかなかった。
だから横審の内館さんは、ずっと唱えていたのだ。
わたしも賛成。

遅きに・・・という感じなんだけど、本当やっと引退してくれてわたしは正直嬉しいです。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bochama.blog19.fc2.com/tb.php/131-c57d1d85

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。