スポーツとか

スポーツとか、TV観戦して思ったこと書きます。 サッカーが多くなると思うけど、いろんなスポーツを適当に語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
サッカーW杯の日本の1次リーグの組合せが決まりましたね。
今回の日本戦のくじ運もなかなか良かったんじゃないでしょうか。
F組のブラジル、クロアチア、オーストラリア、十分に決勝トーナメントへ進める可能性の持てる組合せです。
なんといっても、オーストラリアと同組に入れたことは幸運です。智将ヒディング監督がいることはもちろん、英国プレミアで活躍する選手が多数いる豪州は楽観視できる相手ではありません。個人能力でいえば、日本より間違いなく上でしょう。
しかしながら、豪州がAFC入りを熱望した背景があるように、豪州はナショナルチームのガチンコ勝負で接戦をするような国際経験を持っていません。
ここ数年の日本の経験とは大きな差があります。
日本有利とまではいいませんが、対戦して組みし易い相手であることは確かです。
(下の↓[continue.....]を押して続きを読んでください^^;)

←ポチっと。



さらに、シード国がブラジルなのも良いことだと思います。
一部のスポーツ紙の記事で「シード国ならメキシコがいい」などとふざけた記事を書いているアホ記者もいましたが、実力が拮抗してしまうのもいかがなものかということです。
W杯のような国際大会でのメキシコは、非常に危険な相手です。一分のスキも見せられない相手になると思います。必ずしも体力的、経済的に恵まれていないメキシコのしたたかな戦術は、イタリア、イングランドを相手にするよりも反って厄介なものだと思います。
それに比べ、ブラジルとの同組は圧倒的な1位通過国がいるようなもので、日本は他2カ国を相手にしっかりと潰していくことに専念すればいいわけです。
日本にとって有利なのは、ブラジルとは最終戦にぶつかれること。
日本がブラジルとぶつかる時に、ブラジルが2勝していてくれれば、日本戦では主力温存ということも考えられます。
また、トーナメントの組合せ次第で、日本には負けて2位通過を狙ってくるという可能性もあります。
さらには、日本のジーコ監督が「おい、既に予選通過を決めてるんだから、日本戦では無理をしてくるな!」とロビー外交をすることも可能です。
日本にとっては非常に有利な展開の可能性を秘めているわけです。
以上の意味でブラジルと当たれることは大変な幸運であったと思います。なお、ガチンコ対決の日本ーブラジル戦が見れるということもサッカーファンにはラッキーな組合せでした。

「クロアチアよりもポーランドやスイスのほうが良かった」などという意見もありますが、オランダ、チェコなどと当たらなかったよりよほど幸運というべきでしょう。それほど贅沢をいうものでもありません。

ついでにお隣りの韓国の組合せも幸運というべきでしょう。日本よりもいいぐらいか?
この国もここ数回のW杯の組合せは幸運続きですね。アジア予選でも韓国は幸運な組合せが1次から続いていましたから、その続きといったところか。
対して日本は、アジア予選1次からオマーンとの対戦あり最終ではイランとの対戦ありで、アジア最強国の座にありながら厳しい組合せを強いられてきた経験がありましたから、W杯本選でのこの組合せは素直にうれしくあります。
W杯出場が決まっている今になって思えば、そういった強い相手と対戦できたことはいい経験に繋がっていると思います。

はやくW杯がみたいですね^^
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bochama.blog19.fc2.com/tb.php/76-2f2efb99

2006ワールドカップ公式ボール
そう言えば、 今日の昼間「せやねん」で、2006年のワールドカップの公式ボールの イベントがあると言っていたことを思い出し、難波パークスへ。 メインイベントは終わっていましたが 展示物はありました。 2006年公式ボール。 番組でやすえ姉さんが 「

2005.12.10 21:10 | 29歳からのBMX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。