スポーツとか

スポーツとか、TV観戦して思ったこと書きます。 サッカーが多くなると思うけど、いろんなスポーツを適当に語ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
勝手にコメントします。
今回はFWについて。

メンバーを固定しながら戦うスタイルのジーコも、4年という年月の間には多くのFWを起用してきた。
今も残る代表候補としては、高原、柳沢、久保、鈴木、巻、玉田、佐藤、大黒といったところか。
本番のドイツでFWのメンバー枠は4人だろう。ここ中から4人を選ぶわけだ。

『決定力不足』という言葉が囁かれるとおり、世界のトップクラスに比べて日本には絶対的なストライカーがいない。
ならばFWは実績とか云々よりも、その時の調子と相手との相性によって選ばれるべきだと思う。
大会直前に調子のよい選手を選ぶべきだ。このポイントについては、現時点で結論はでない。
しかし、2番目に述べた相手との相性については現時点でも論議することはできる。
日本の相手はすでに、ブラジル、クロアチア、オーストラリアと決まっているのだから。

昨日のフィンランド戦でもはっきりとわかったが、大型選手が揃う相手には、こちらも対抗できる人間が一人もいないと話にならない。裏をつくにも限度がある。裏ばかりつこうとしていると、それが裏にならないからだ。
裏ー表ー裏と攻撃するから、バリエーションが生まれチャンスをつくることになる。

大型ならが存在感がある。ジェフで鍛えられたスタミナも魅力だ。しかしながら世界での経験は完全に不足。
大型なら、あとは久保ということになるのか。
オレは個人的に久保は信頼していない。メディアが言うほどの決定力のあるストライカーに思えないからだ。
でも、本番直前に調子がよければ使わざるを得ないのだろう。

大黒。今、日本では一番ゴールの匂いのする男だと思うが、海外へ行ったことでゴール感覚を狂わせないかが心配だ。
高原。以前、日本で一番ゴールの匂いのする男だった。とにかくゴール感を戻してくれれば、一番頼りになると思っている。
柳沢。久保と同じで全然信頼していない。女々しい匂いのするFW。
でも、イタリアへ行って少しだけハングリーがでてきた気もするが、最近のプレーを見ていないのでなんともいえない。
鈴木。泥臭く、献身的にチームに貢献してくれるFWだと思う。オレが監督だったら、すごく使いたくなる選手だが、とにかくシュートを枠に向けて打たないとFWとしての役割を果たせない。
大会までにクラブチームでゴールラッシュをできれば・・。

細かいパス回しばかりが日本サッカーの特徴としてクローズアップされていますが、私はもうひとつ持続的なスピードがあると思っています。
90分間、とにかく足を止めずに走ることは日本の本当の長所。
(逆に瞬発的なスピードには欠ける。)
後半にチャンスが生まれやすいのは、そこが影響しているからだ。
諸外国、特に大型チームは後半に入ると足が止まり易い。
そこへ玉田佐藤のようなスピード型のFWが入れば、得点チャンスは大いに生まれるというもの。
スピード型のFWも戦力として欠かせないと思います。

今選ぶなら・・・。
巻○  (高さとスタミナ)
鈴木○ (ポストプレー、強さ、世界の経験)
玉田○ (スピード、ドリブル) 
大黒○ (スピード、ゴール前の抜け出し)

これは現時点での話で、今後の調子によってわかりません。
ただ、○高さのある選手、○スピードのある選手は必ず必要です。
それに○強さ、○世界経験などいろいろな特徴を持つ選手が必要になるでしょう。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bochama.blog19.fc2.com/tb.php/96-168ad63f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。